デリケートゾーン黒ずみの原因解消の最新テクニック2017年度版

デリケートゾーンの黒ずみ解消効果にハイドロキノンを使う

デリケートゾーンの黒ずみに効果の期待できるハイドロキノンとは?

デリケートゾーンの黒ずみ対策に関して記載されているサイトはいろいろとありますが、その中でもしばしば取り上げられることのある成分にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは皮膚科でも使われることの多い成分で、シミやニキビ跡をはじめとした色素沈着した部分に塗布すると薄くなる効果の期待できる成分です。そもそも色素沈着を起こすのは、メラニン色素の働きによるものです。ハイドロキノンには、このメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制したり、メラノサイトというメラニン色素の生成をする組織を減少したりする効果があります。このため「肌の漂白剤」などと紹介されることもあるほどです。デリケートゾーンの黒ずみに対してもハイドロキノンを使用することで、症状が改善する可能性は十分期待できます。皮膚科や美容外科でも処方されている成分ですが、即効性は期待できません。継続して使用することで、徐々に効果を実感できる感じです。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを素人判断で使用するのはNG

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用することで、黒ずみが薄くなる可能性は高いです。他にも美白成分として、ビタミンC誘導体があります。このビタミンC誘導体と比較すると、美白効果は約100倍と言われています。これだけでもいかに高い漂白効果があるかがお分かりになるでしょう。しかしこれだけの強力な美白効果があれば、逆にリスキーな成分とも言えます。というのもハイドロキノンは強い刺激があると言われているからです。このため使い方を誤ると、逆に肌トラブルの原因となってしまう恐れも十分考えられます。特にデリケートゾーンのような、肌質が他と比較して弱い所に使用する際には慎重を期した方が良いでしょう。特にデリケートゾーンの中でもIラインと言われる正規の周辺や校門の周辺などは粘膜も含まれるのでちょっとした刺激でも肌荒れを起こす危険性があります。ハイドロキノンには発がんの危険性もあると言われていますが、これは動物実験の結果であること、経口摂取した場合のことですから、ハイドロキノンを適量肌に塗布する分にはあまり心配する必要はないでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消にはハイドロキノンの濃度に注意

ハイドロキノンは高いデリケートゾーンの黒ずみ解消効果が期待できる半面、使い方を誤るとかえって肌トラブルが深刻になってしまう恐れもあることはお分かりになったでしょう。もしハイドロキノンを黒ずみ対策として使用するのであれば、医者の処方を受けるのが無難です。専門家の医者が処方すれば、まず肌トラブルが起きない程度の濃度のハイドロキノンを処方してくれるはずです。素人でも基礎知識として、濃度5%以上のハイドロキノンは高濃度で危険性が高いということだけは頭に入れておいてもいいでしょう。皮膚科や美容外科で処方を受ける場合、濃度2~4%のハイドロキノンが提示されると思っておきましょう。自分でハイドロキノンを塗ってデリケートゾーンの黒ずみ対策をする際には、IラインやOラインのような粘膜のある所は細心の注意を払って塗布することが大事です。粘膜にハイドロキノンが塗布されると、かゆみや湿疹、場合によっては痛みを感じることもあるからです。